サクラのいない本当に出会える出会い系サイトを教えちゃいます!

出会い系サイトの罠

サクラとは

サイト運営者が雇った女性会員をサクラといいます。
主にポイント制出会い系サイトに多く存在し、男性会員とメールのやり取りをし、男性のポイントを消費させることを目的としています(*)。

サクラの女性会員とメールのやり取りを続けていても実際に会えることはまずありません。
というのもサクラは女性会員として登録していますが、男性が女性のフリをしてメールを送っていることが多いからです。
プロフィールも架空のもので、プロフィールに使われている写真も本人のものではありません。
特にサクラのプロフィールに使われている画像は可愛くて綺麗な女性が多いので、その女性と是非とも仲良くなりたいという気持ちが強くなり、ポイントを消費しながらもついついメールを続けてしまいがちですが、その女性の画像はどこかから拾ってきたものです。
たまにサクラに騙された腹いせに、使用されていた女性の画像を画像掲示板に掲載し、中傷している人を見かけますが、サクラに使用された画像の女性は本当はサクラではなく、サクラとは無関係な第三者なので、無意味で見当違いなことはしないようにしましょう。

(*)以前は女性に扮したサクラが男性とメールのやり取りをし、ポイントを消費させるというものでしたが、2010年ぐらいから男性のサクラが女性とメールのやり取りをし、ポイントを消費させるというケースも増えてきたので、女性の方も注意が必要です。

サクラの特徴

出会い系サイト内のサクラには、当然分かりやすくサクラマークが付いているわけではないので、掲示板に掲載している相手やメールの相手がサクラかどうか見極めることが必要になります。
サクラには以下のような特徴があります。

  • メッセージの掲載直後に多数の女性からメールが届く。
  • 交わしているメールの内容がずれていて不自然。こちらの質問にも答えず一方的。(予め決められた文章をプログラムを使って一斉にメール送信していることがあるため)
  • メールやメッセージの内容が、男性にとって都合がいい女性を思わせる内容である。
    例えば、『退屈な毎日なので刺激が欲しい』『エッチ好きだが男にとって面倒な女ではない』『女医、女性経営者、CA等、お金は満たされているが心やカラダが満たされていない』etc…
  • そんなにメールを交わしてないのに、『運命的なものを感じる』『ぜひ会いたい』『あなたに決めました』等思わせぶりなことを書いてくる。
  • ある程度メールを交わしてから直にメール交換を申し出ても、そのことには触れずにメールを返信してくる。
    もしくは、『以前直にメール交換してイタズラされたことがあったから、もうしばらくサイト内でメールのやり取りがしたい』等書いてきて、メール交換をはぐらかしたり、先延ばしにされる。
  • 『もうポイントがないから』等、これ以上サイト内でのメール交換が出来ないことを書くと、『会いたい』と思わせぶりなことを書いてきて気を引かせ、ポイントを購入させようとする。
  • 会うことをOKしてもらっても、具体的な日時や待合わせ場所がなかなか決まらない。
    例えば、日時や待合わせ場所を決めているのに、『○○さんは、どんなお洋服が好きですか?○○さんの好きな服を着ていこうと思って』等話題をそらしメールのやり取りの回数を増やすことによって、ポイントを消費させる。
  • 『身内に不幸があった』『風邪を引いた』『急な用事ができた』等ドタキャンされる。

出会い系初心者には難しいかもしれませんが、サクラに関しては慣れるとある程度は見抜くことができます。
ただし、以上のような特徴があるからといってサクラとは限らないし、以上の特徴がないからといってサクラではないとも限りません。
サクラの手口も日々進化しています。
サクラを見抜く力を養うよりも、サクラがいないと言われている出会い系サイトを利用しましょう。

業者とは

ユーザーに成りすまし、メールアドレスを収集したり悪徳サイトに誘導する行為を行っている者を『業者』といいます。
ユーザーにとっては業者もサクラも迷惑な存在なので、業者のことをサクラと呼んでいる人がいますが、業者とサクラは違います。
サクラはその出会い系サイト運営者が雇っているもので、『サクラのいる出会い系サイト』=『悪質な出会い系サイト』ですが、業者というのはその出会い系サイト運営者が雇っているものではありません。
優良出会い系サイトでも業者が潜んでしまっていることはあり、『業者がいる出会い系サイト』=『悪質な出会い系サイトという』ということにはなりません。

業者のメールの特徴

業者の見分け方は簡単です。
『ここにわたしのメールアドレスが書いてあります』といって別サイトに登録させようとするメールを送ってくるのが業者です。
メールアドレスではなく、『電話番号が書いてあります』『写真を掲載しています』の場合もあります。
また、『以前直接メール交換して嫌な思いをしたことがあったので、ここでメールのやり取りをしましょう』と誘ってきて別サイトに登録させる場合もあります。
とにかく別サイトに登録せようとするのは業者なので、決して登録してはいけません。

CB(キャッシュバッカー)とは

出会い系サイトによっては、女性が掲示板に書き込みをしたり男性会員とメールのやり取りするとポイントが溜まり、そのポイントを現金や商品に替えることができる女性向け特典を設けている場合があります。
今の世の中、出会い系サイトに限らずポイント特典は流行なので、多くの女性に出会い系サイトに興味を持ってもらうという意味で、ポイント特典を設けること自体は悪いこととはいえません。

しかし、ポイント特典はちょっとした楽しみ(おまけ)であり、出会い系サイトではあくまで出会いを目的とするのが本来の趣旨ですが、まったく出会う気がなくてもポイント欲しさに男性会員とメールのやり取りを続ける女性も存在し、そのようなポイント稼ぎ専業の女性はCB(キャッシュバッカー)と呼ばれています。
特にポイント還元率が高いサイトだと、CBがサクラのような存在として蔓延していることもあるので注意が必要です。

CB(キャッシュバッカー)のメールの特徴

CBは、それで生計を立てている者からちょっとしたお小遣い稼ぎまで様々です。
サクラと違って男性会員のポイントをガンガン削りに来ないこともあり、CBか一般女性かを見分けるのはなかなか難しかったりします。

ある程度メールのやり取りをして、打ち解けたと思ったらメールアドレスの交換を申し出るのがいいでしょう。
ただし、メールアドレスの交換を断られたからといって、CBとは限りません。
こちらがある程度メールのやり取りをして打ち解けたと思っていてもメールアドレスの交換に応じてもらえない場合は単に脈ナシということも考えられます。